遊びに行く前に知りたい!キャバクラと高級クラブの違いについて

客層や雰囲気の違い

キャバクラにしか行ったことがない、もしくはキャバクラもクラブも行ったことがない男性は、そもそもクラブとキャバクラの違いの見当もつかないかもしれません。
でも、両者は確かに違います。

わかりやすいところでは、まず雰囲気です。
高級キャバクラであれば華やかさはありますが、高級クラブには、それとはまた違う落ち着きがあります。店内の装飾も大人の男性が好むような、非常に品がある造りになっています。ギラギラとしたゴージャス感を前面に押し出すことの多いキャバクラ店とは違い、高級クラブは、“違いのわかる男”のための雰囲気が整えられていると言ってもいいでしょう。

それはもちろん、客層の違いから生まれるもの。
キャバクラは比較的若い年齢層の男性が主な客層となっています。
20代から30代が中心で、高くても40代程度まで。
仕事はサラリーマンなど一般的な企業に勤めている男性が中心ですが、あらゆる業種や職種の人が訪れます。
一方の高級クラブは、それよりも年齢層は上。
40代の男性もいますが、50代から60代が中心です。
仕事も、社長や会長などの役職に就く男性が目立ち、サラリーマンであっても重役ばかり。しかも大企業に勤めている男性が多いですから、そのような男性達が好む雰囲気になっていくのは自然なことなのでしょう。

高級クラブは土日定休日も多い

キャバクラは、独身の人でも比較的楽しめる場所となっています。
会社帰りに同僚と遊びに行く場所として選ばれがちなのは、断然キャバクラでしょう。
クラブの中でも高級クラブとなると、ここに通う男性達は家庭を持っていることが多く、また、仕事は土日が休みであることも多いため、高級クラブは土日が定休日となっているところが目立ちます。

もちろん、絶対ではありません。高級クラブの中には、土曜日に営業しているお店もあります。
ただ、やはり客の入り等を考えると休みにした方が合理的であるため、高級クラブで楽しみたいなら平日に時間を確保しておくことが求められます。
キャバクラも、日曜日を定休日としているところは少なくありません。
特に高級キャバクラなどは高級クラブと似たようなエリアにあることも多いので、会社勤めの男性達をターゲットにしているお店であれば、少なくとも日曜日は休みにせざるを得ないのでしょう。

その他、高級クラブは祝日も休みにしていることがありますから、遊びに行く予定がある人は、ここも事前にチェックしておくことをお勧めします。

キャバ嬢とホステスは意識や目的が異なる

高級クラブに勤めるホステスも、キャバクラに勤める女の子も、基本的に仕事の内容は同じです。
高級クラブのホステスさんの方が接客のスキルも高く、容姿もキャバ嬢より優れているケースが多いですが、男性とお酒を飲んでお話をして楽しむという部分だけを見れば、大して変わりはありません。

質やレベルといった部分で選ぶなら、断然高級クラブのホステスを選ぶべきですが、そもそもホステスとキャバ嬢では、意識や目的が異なっていて、それが接客の質の違いに大きく影響しているようです。

現在のキャバ嬢は、バイト感覚で働いている女の子がほとんど。お小遣いを稼ぐためにやってるんですね。
でもホステスは、夜の世界で名を上げたい、自分のお店を持ちたい、人間的にも女性的にも向上・成長したい、などと考える女の子が大半なんです。
こうした目的の違いから、意識の違いも当然のように生まれてきます。
ホステスは仕事に対する熱が高く、一切手を抜きません。
キャバ嬢は適当に仕事をする人も多め。バイト感覚ですから、仕方がないでしょう。

男性にとってどちらがより一緒にいて満足感が高いかと言えば、それはもちろん高級クラブのホステスさんですよね。
意識と目的が違うので、接客を受けている側も、それをしっかりと実感できるはず。
キャバクラよりも高いお金を支払う価値があると心から感じることができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です