どんな女の子がいる?高級クラブにいるホステスやママについて

高級クラブには必ず「ママ」がいる

高級クラブがキャバクラと違うのは、「ママ」と呼ばれる存在があることです。
このママは、言ってみればそのお店の顔。ママ目当てでお店に足繁く通う男性も少なくありません。
自分でお店をオープンさせ経営しつつ、ママとして出勤し接客しているパターンもありますし、お店のオーナーは別におり、その人に雇われる形でママとして働いているパターンもあります。

ママは、お店の女の子がその高級クラブにふさわしいか、常に目を光らせています。
ホステスたちの教育係的な役割も担っているわけです。
ホステスの立ち居振る舞いや接客を目の当たりにすれば、そのお店のママの存在の大きさや教育の質の高さというものは感じることができるでしょう。

ママによってそのクラブのクオリティやレベルが変わる、ママとはそんな存在です。
一度は接客を受けてみたいものですよね。

ホステスは20代〜30代が多い

高級クラブのホステスをイメージすると、人によってはもしかしたら高い年齢層の女性を思い浮かべるかもしれません。
でもそれは、ママやチーママと呼ばれる人たちに限定されると思っておくべきでしょう。
実際に高級クラブで働く多くのホステスさんは、20代から30代が大半を占めています。
確かにキャバクラ嬢と比較すると若干年齢層は上がるかもしれませんが、20代前半の女の子もいますし、20代半ばくらいの女性も目立ちます。
むしろ、30代を超えると割合的には少なくて、20代半ばくらいから30歳前後あたりまでが多いといった感じではないでしょうか。

年齢は若くても、やっぱり落ち着いています。
キャバクラ嬢と高級クラブのホステスとでは、同じ20代半ばでも落ち着きや振る舞いが全然違うんです。
そのため、ホステスさんの方が若干年齢層が上のようなイメージがついているのかもしれません。
若くてレベルの高い女性がいかに多く働いているのか、実際に遊びに行ってみるとわかりますよ。高級クラブとは、そういう場所なんです。

洗練された接客

高級クラブの最大の特徴は、ホステスが洗練されていること。
接客に関しては本当に素晴らしく、男性客を不快な思いにさせることはまずありません。
容姿ももちろん素晴らしいものの、やっぱり接客のレベルが高いからこそ、一流の男性がわざわざ高いお金を払ってまで高級クラブへと通うのでしょう。

高級クラブのホステスの接客がどのように洗練されているのか、具体的に見ていきます。

一流のお相手をするホステスもまた一流

高級クラブのホステスは、一流の男性と日々接しているだけあって、接客もまた一流で何よりも上品です。
デリカシーのないことは言いませんし、男性が何か失言してしまったとしても気分を損ねるようなことはありません。感情をしっかりとコントロールし、険悪なムードを作らないよう配慮してくれます。

そして、口が堅いという特徴も持っている高級クラブのホステス。
高級クラブに出入りする男性は、あらゆる秘め事を持っていることも多いですが、高級クラブのホステスであれば、そうしたことを詮索しません。
もし情報が耳に入ってきても、それをむやみやたらと口外することも無いため、安心してクラブ通いを継続させることができますよ。

政治や経済についても学んでいる

話す内容もバリエーションが豊富で、様々な話題に対応できる。
これも高級クラブで働くホステスの魅力の一つ。
再三キャバクラ嬢と比較してしまいますが、キャバクラ嬢だとわからない話題になるとあっけらかんと「わかんなーい」とか「難しいー」といった反応をしてくることがあるものの、高級クラブのホステスは政治や経済などの情勢についても日々学んでいるため、少々の話題であればしっかりとしたリアクションで返してくれます。

もちろん、難しすぎる話に的確に返してくることは珍しいですが、難解な話題であっても、スマートな返し方をしてくれることは間違いありません。
それだけ、男性の話についていけるよう、常日頃勉強しているのです。
女の子と丁寧に会話を進めていきたい、良いリアクションが欲しい、的確な返しを欲している、そんな男性は高級クラブを選べば、その欲望もしっかりと満たすことができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です