こんな客にならないように注意!初めての高級クラブで守るべきこと

基本はボトルを入れなければいけない

高級クラブには、高級クラブに相応しい客がいます。
逆に、高級クラブには相応しくない客になってしまうと、お店やホステスからも煙たがられてしまうでしょう。
紹介制を採用している高級クラブがほとんどのため、そのような客になってしまうと、紹介してくれた人にも迷惑をかけるので気を付けなければいけません。

ボトルを入れない客、これは絶対になってはいけない客の例ですね。
高級クラブでもドリンク1杯から頼めますし、メニューにもしっかりと載せているところがほとんどです。
それでも、必ず毎回ボトルは入れておきたいところ。
確かに高級クラブのボトル料金は高く、一般に流通している価格の3倍から5倍は当たり前です。
でも、それが高級クラブというもの。ボトルを入れることに戸惑うようでは一流とは言えません。
そんな男性は、高級クラブを利用するのはまだまだ早いでしょう。

見栄を張って高いボトルを入れる必要はありませんよ。
飲み慣れたものでOK。大事なのは、しっかりとボトルを入れることです。
高級クラブで遊ぶなら、これは徹底して守るようにしてください。

ホステスとの恋愛関係は期待しない

ホステスさんは、確かに美しいです。
それが高級クラブともなれば、その美しさは群を抜いています。
何度も接してお話をすると、その洗練された容姿と知的な雰囲気に、恋愛感情を抱いてしまうこともあるかもしれません。

でも、ホステスさんとはお付き合いできないと思っておくべきでしょう。

高級クラブに行けるということは、それなりにお金を持っているはず。
ただ、お金で落とせるような女性は高級クラブにはまずいません。
例えいたとしても、そうしたクラブにはさらにお金を持っていて地位の高い男性客がいますから、ちょっとやそっとの経済力では落とすことは難しいでしょう。

そもそも、ホステスさんは恋愛をするためにクラブで働いているわけではありませんし、客と恋愛関係になると面倒だったりややこしくなることも知っているので、そうした関係になることに消極的な女性が多いです。
高級クラブは、あくまでも美しい女性に楽しんでもらい、その雰囲気の中で自分も楽しむための場所と心得ておくべき。
恋愛関係を期待するのではなく、もっと余裕を持った遊び方に徹した方が、“一流の客”であると思ってもらいやすくなりますよ。

騒ぎたいならキャバクラへ行くべき

ワイワイガヤガヤとお酒を飲んで、女の子たちとワーワー騒ぎたい男性は、高級クラブには向いていないのかもしれません。
単に騒ぎたいだけであれば、キャバクラへ行きましょう。

高級クラブは、騒ぐような場所ではありません。
大人が落ち着いてお酒と会話などを楽しむところです。
大きな声を出せば、それだけで他の客などにも迷惑がかかりますし、お酒の一気飲みなども高級クラブの雰囲気にはマッチしません。
これもお店やホステスさんに迷惑をかけるだけ。
一方のキャバクラなら、高級店でも騒ぐことができます。
キャバ嬢もホステスと比べるとノリノリでしょうし、たくさんお金を使ってくれる男性に対しては、お店も非常に寛容です。
高級クラブではできない騒ぎ方や飲み方がキャバクラではできるでしょう。

高級クラブは、何よりも品を大事にします。
キャバクラ通いを卒業し、もう一歩上の段階へと足を踏み入れたいと考える大人の男性のための場所、それが高級クラブ。
そのことを認識した上で足を踏み入れるようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

eleven − ten =